賃貸オフィスを借りるデメリット

費用が割高になることも考える

賃貸オフィスにはメリットも多いですが、デメリットも多くあるため、理解して利用するといいでしょう。最も多くの企業が挙げるデメリットは、家賃を借りている限り支払わなければならないことです。自社ビルを用意するかどうかは、売り上げなどによって大きく異なります。しかし、長期間必要以上の経費を支払うことによって、自社ビルを建てたほうが安くなる場合もあるため、注意しましょう。適度に賃貸オフィスを利用し、ある一定以上の売り上げを誇れるようになったなら、なるべく早く自社専用のオフィスを用意するべきでしょう。 また、賃貸物件の場合、自分たちが理想とするべき物件になかなか巡り合えない部分もデメリットといえるでしょう。探すまでにかかる時間をかけすぎないようにするべきです。どうしても譲れない部分だけが当てはまるオフィスを探し、後の条件は妥協することも考えてください。

初期費用や手続きについても問題

賃貸物件を利用するときには、手続きが面倒という部分もデメリットといえるでしょう。探すまでにかかる時間だけではなく、探してから契約するまでの手続きも煩雑となるため、時間を取られてしまうことはよくあることです。初期の場合は自分たちでやらなければならないことが多いため、手続きをしている間にできる業務が遅れてしまうことも多いといいます。
初期費用をある程度用意しなければならないことも、デメリットです。そのため、ある程度費用がたまって賃貸オフィスを借りられるまでは、レンタルオフィスを利用して経費を抑えている企業も少なくありません。初期費用を用意してから賃貸オフィスを探すことが必要となるため、注意してください。